写真:トッケイ

おすすめ情報

写真:グラップ寺院

 

バリ島各地で祭礼の行われる満月と新月の夜。
ゴーバリバリでは、普段は訪れることの少ない夜に寺院を訪れ、現地の人と一緒にお祈りを捧げながら、バリ島の神秘の世界を体感して頂けます。

▶  詳細を見る

 

 

アニメーション:ビンタンビール

 

 

FaceBook

 

 

バリバリネットワーク

イラスト:ハスの花

 

 

ごあいさつ

写真:デワシラ代表の「デワ・シラ」です。
私は、2011年までの約10年間を日本で過ごしました。

当時は、長野県でアジアン料理店「チョーバリバリ」を経営し、バリ島に戻ってからは、ウブド近郊でプチホテル「ココバリバリ」を経営しており、これまでにバリ島へ旅行された多くの日本人の方々とお話をすることが出来ました。
そして、お客様からバリ島旅行の楽しい思い出話を聞くたびに、もっとたくさんのバリの魅力を感じてほしい、もっと奥深いバリのことを知ってもらえたら嬉しいと、ずっと思い続けきました。
その思いを実現させるために、当ツアー会社「ゴーバリバリ」はスタートしたのです。
数あるバリ島の祭礼の中でも、もっとも興味深い「ガベン(お葬式)」
普段は訪れることの少ない夜の「ブサキ寺院」
まだまだ素朴な生活を営む西部ヌガラ地方での「ホームステイ体験」などなど。
有名な観光名所を周るだけのパッケージツアーとは違い、バリの奥深くに触れられる…。
そんなオリジナルツアーを扱っていきたいと考えています。
今まで知ることが無かったディープなバリ島を感じることができ、ますますバリ島が好きになった。
そんなお客様とたくさん出会えることを、願っています。


写真:コンちゃんウェブサイト管理者の「コンちゃん」です。
2000年、初めて訪れたバリ島で結婚式を挙げてから早15年。
バリの魅力に取りつかれ、これまでに8回の渡航をしてきました。
半年間の長期滞在をした際には、バリ伝島統楽器ガムランの1つである「ティンクリック」を習得し、日本で公演などもしています。
また、妻とバイクに乗って3時間、西部ヌガラ地方へ突撃訪問したときには、初対面の家族のお宅に1週間もホームステイをさせてもらい、バリの田舎暮らしを体験することが出来ました。その家族とは今も付き合いが続いていて、バリ島へ行ったときには必ず再会をしに行く、まるで故郷の家族のような存在です。
当時の滞在中から記録しているウェブログ「HoreHoreBali」では、これからバリ島へ旅行に来るたくさんの方とメールで知り合え、現地で実際に会って、一緒に観光をしたりローカルな食堂でご飯を食べたりと、貴重な出会いを経験することが出来ました。当ツアー会社「ゴーバリバリ」でもそんな様々な出会いが再び産まれるよう、またよくあるパッケージツアーでは味わうことの出来ない、もっと奥深いバリの魅力を知ってもらえるように、充実したウェブサイトを目指していきます。


ゴーバリバリ 会社案内

・会 社 名 ゴーバリバリ
・代 表 者  Dewa Sila (デワシラ)
・ウェブサイト管理者 コンちゃん(近藤 真也)
・設     立 2010年5月
・事業内容 バリ島における、ツアー・ホテル・車チャーターなどの販売
・Eメールアドレス gobalibali@gmail.com

 

写真:ココバリバリ

 

ゴーバリバリ バリ島オフィス   

Jl.raya andon br.ambengan,ubud   
ホテルココバリバリ内   
0361-978871(バリ島内)   
+62-361-978871(日本から)   
URL:http://cocobalibali.web.fc2.com   

 

↑ページトップへ戻る

 

 

inserted by FC2 system